DealingFXの知識編(PDF)の中身と感想

DealingFXの知識編(PDF)の中身と感想

このページではDealingFXのPDFから、知識編(P70~107)の中身と読んでみた感想について書いていこうと思います。

なお、今回の内容はルール編の続きとなります。

 

DealingFXの知識編の中身と感想

FXの市場について(P70・71)

「FXの市場について」の項目では、FXのリスク・メリット・デメリットについて解説がされていますが、内容的には一般的なもので、検索すれば知る事ができます。

取引時間(P72~74)

「取引時間」では、一日の流れの中でどこの市場が開いているのか?について解説がされています。

これも一般的なもので、検索すれば知る事ができる内容ですが、ポイントを押さえてまとまっているので、非常に分かりやすいと思います。

損切りについて(P75・76)

「損切りについて」の項目では、損切りの重要性や、トレーダーの心理をついた損切りができない原因について解説しています。

よく言われていることのなので、あまり独自性のある内容ではありませんが、そもそもこういうことを考えてトレードしている方は少ないと思いますので、この部分については常に意識しておくべき重要な部分になります。

利食いについて(P77・78)

「利食いについて」の項目では、利食いについての塚田さんの考え方と、プロスペクト理論を使った有名なクイズが用意されています。

これも非常に共感できる考え方で、利食いで悩んでしまうという方には一読してほしい内容になっています。

資金管理・ポジションサイジング(P79・80)

「資金管理・ポジションサイジング」の項目では、資金管理の項目と、トレードごとの適切なポジションの持ち方について解説がされています。

DealingFXでは『資金管理シート』も用意されていますが、単にそれを使うだけではなく、なぜそのポジションサイズになるのかを、この項目でしっかり理解しておく必要があります。

ファンダメンタルズ(P81)

DealingFXの手法では、ファンダメンタルズは基本的には気にしませんが、この項目では、その理由について解説がされています。

どうしても色々と気になってしまうという方には、ぜひ一読してほしい内容です。

経済指標発表時のリスクと対応(P82~84)

経済指標発表時と言えば、大きく稼ぐチャンスとして多くのトレーダーが注目しているポイントですが、DealingFXの手法では、経済指標発表時の取引をオススメしていません。

そしてその考え方は私も全くその通りだと思っています。

DealingFXのリアルトレード動画では、実際に経済指標発表に塚田さんが対応したトレードも紹介されていますので、この項目の内容と一緒に参考にしてみてほしいと思います。

窓・ギャップ(P85~86)

窓(ギャップ)というのは、ローソク足の終値と次のローソク足の始値に価格差ができている状態ですが、主に週末のローソク足と、週明けのローソク足の間に生まれます。

この項目では、それを考慮した上でのその後の動きを見てどのように判断するのか、そして絶対にやってはいけないことについて解説がされています。

取引通貨ペア(P87~89)

取引する通貨ペアは、基本的には流動性のあるメジャー通貨から選ぶべきと言われますが、そんな中で塚田さんのオススメの通貨ペアが紹介されています。

また、なぜその通貨を選んでいるのか、その根拠と、通貨ごとの特徴についても解説がされていますので、通貨ペア選びで悩んでしまう方には、参考になると思います。

時間足について(P90・91)

「時間足について」の項目では、DealingFXの手法で使う時間足にも触れていますが、どちらかと言えば、一般的な時間足の使い分けや特徴についての解説になっています。

なので、特に独自性のあるような内容ではありませんし、検索すればいくらでも調べられるような内容になっています。

トレード管理(P92~97)

この項目では、トレードを管理するためのトレード記録の付け方について解説しています。

トレード記録は私もぜひ付けるべきだとは思っていますが、塚田さんの推奨する記録方法では、「こんな事も書くの?」と思うような内容があります。

これはほとんど実践している方がいないやり方だとは思いますが、しっかり反省をして同じ過ちを繰り返さないためには非常に良い方法だと思います。

これまでトレード記録を付けたことのない方にとっては面倒に感じると思いますが、それくらい、1回1回のトレードは大切に行うべきということですね。

検証(P98~101)

ここでは「MT4の過去チャートやFT2で検証してから本番のトレードを行いましょう」と書かれており、これは当然のことです。

また、塚田さんがオススメしているFT2の販売ページが紹介されていますが、確かに他サイトよりも安く手に入れられるようなので、FT2を購入検討中の方にとってはうれしいかもしれませんね。

トレードの大罪(P102~104)

「トレードの大罪」なんて書かれると何の事なのか非常に分かりづらいですが、ここではトレーダーとして行ってはいけない注意点が5つ書かれています。

ここも共感できる部分なので、これから取引を行っていく方には、是が非でも守ってほしい部分ですね。

エントリーについて(P105)

エントリーは、トレードで一番ミスが起こりやすいタイミングであるということで、ここではエントリーの際の注意点について書かれています。

この部分は印刷して、常に見える位置に貼っておいたほうが良い位大事ですね。

オシレーターがいらない理由(P106・107)

ここではオシレーターがいらない理由について、2つの根拠に基づいて解説がされています。

確かに色々と見ていると勝てそうな雰囲気が感じられますが、本当はいらないものを見る必要はありませんからね。

どうしてもオシレーターが気になってしまう方には、参考にしてほしい部分です。

まとめ

ということで、DealingFXの知識編は以上15項目に分かれて解説がされています。

ネットで調べると分かるようなところもありますが、単なる用語集といった類ではなく、塚田さんのこれまでのトレード歴に基づいた経験から語られている部分も多く、全体を通してみると、非常に参考になる内容になっていると思います。

ただし、ここまで基本編⇒ルール編⇒知識編と続いてきましたが、今回の内容は基本編とルール編の前に伝えておくべき内容のように感じています。

いずれにしても、一回目を通すだけではなく、検証や実際のトレードに挑みながら、何度も目を通して理解していくことが必要な部分であると思います。

【次の内容はこちらです】
⇒ DealingFXの実践編(PDF)の中身と感想

サブコンテンツ

このページの先頭へ